FC2ブログ
HOME   »   スポンサー広告  »  スポンサーサイトJPinput  »  JPinput ver 1.40をMarketplaceに公開しました
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

約一ヶ月ぶりの更新になります。

正式リリース公開したら記事を書こうと先延ばしにしていたら、期末テストやら地震やらでここまで遅くなってしまいました。

Ver.1.40の主な新機能

・Google日本語入力対応

・Webクエリ(Custom transfer)

JPinputver1.40

ダウンロードはこちら

download

Google日本語入力は仕様の関係で変換候補が5つまでしか帰ってこないため、単漢字変換には向きませんが、Socia;-IMEより変換候補のデータが少ないため、b-mobileなどの低速な回線を使用する際にはこちらをおすすめします。

また、今回のアップデートで予測変換を切れるようにしたので、同じく低速な回線の場合やネット接続が存在しない場合はoffにした方がよいと思います。

 

Webクエリ機能では、好きなページに入力した文字列をクエリとして飛ばすことができます。クエリは自動的にUTF-8エンコードされます。

JPinputver1.40_customJPinputver1.40_custom2JPinputver1.40_custom3

 

初期状態では一番右の図の5つのWebサイトが登録されていますが、下のアプリケーションバーから簡単にページを追加することができます。

アドレスを入力する際、アドレスのクエリの位置に<%i%>を入力すればその部分に自動的に文字列が挿入されるようになります。

 

その他の変更としては

・1.40βまでのバグの修正。

・UIの変更と軽量化。

・タスク起動時(メールなど)に未確定文字を自動的に確定する。

・アイコンをメトロUIに沿った物に変更。

 

また現在判明しているバグとして

・一文字入力し、消した後 再び同じ文字を入力するとアプリが落ちる。

・アプリ再帰時にメインテキストボックスに文字は残るがカーソルが一番はじめに戻っている。

 

が存在しています。

 

その他のバグ報告や追加してほしい機能などご意見お待ちしてますので、よろしくお願いします。

Twitter はてなブックマークに追加
NEXT Entry
恐るべしTVショッピング
NEW Topics
WP7用日本語Twitterクライアント「jpTwit」公開しました
第1回 VVAULTチャレンジレポート
b-mobile sim届きました&USBテザリングしてみた
Windows Phone 7の音声認識を試してみた
恐るべしTVショッピング
Entry TAG
プログラミング,WindowsPhone7,JPinput  
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

パ研60th部長

Author:パ研60th部長
光坂(仮称)高校二年
twitter
そろそろ勉強しなきゃと思う今日この頃

Twitter
Twitterやってます
アクセスカウンター

Page Top
CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。